症状にあわせた対処が大切!包茎の種類と適切な治療法

日本人に多いとされる仮性包茎

包茎の中でも日本人に比較的多いとされるのが仮性包茎です。仮性包茎は通常時は亀頭が包皮が包まれていて、勃起時には皮が剥けるのが一般的な症状とされています。症状にバラつきがあるのも仮性包茎の特徴で、中には勃起時でも皮が余ってしまっているケースも少なくありません。仮性包茎の人は性行為自体に問題はありませんが、平常時に亀頭が皮に包まれていることで刺激に敏感になりやすく早漏になりやすいので注意が必要です。手術を考えている場合は、亀頭直下埋没法などの術式によって行われます。しかし、仮性包茎は保険の適用外になることもあるため事前の確認が必要です。

包皮輪の狭さで亀頭を露出できないカントン包茎

カントン包茎とは、包皮の出口とされる包皮輪が狭くなっている状態の包茎です。仮性包茎同様に通常時は亀頭が皮に包まれてる状態で、自分で剥くことは可能です。しかし、無理に剥いてしまうと包皮輪が狭いことで亀頭を締め付けてしまうこともあってそのまま元に戻せない状態になることもあるので気を付けなくてはいけません。治療は手術によって不要な皮を取り除く方法で、保険が適用されるためリーズナブルな値段で治療が受けられます。

常に亀頭が皮に覆われている真性包茎

数ある包茎の中でも特に深刻とされるのが真性包茎になります。こちらは平常時だけでなく勃起時も亀頭が皮に覆われているため衛生面での問題だけでなく性行為にも影響を及ぼすこともあるので手術による治療が必要です。こちらもカントン包茎同様に不要な皮を取り除く手術で、保険が適用されることで安心して治療が受けられます。

真性・嵌頓といった包茎の場合は正常に排泄が出来なくなる可能性もあるので、形成外科や美容外科などで手術を受けた方が良いでしょう。