作業効率アップ?CADを導入すると何が便利なのか把握しよう

製図は手書きだと苦労の絶えない仕事になる

従来は製図をすると言っても、大きな紙に鉛筆で書いていくしかありませんでした。パソコンの性能がそれほど高くはなかったので、誰もがコンピューターを使って図形を作ることができなかったのですね。パソコンの性能が悪いと同時に、昔は高性能な製図ソフトというものも存在はしていませんでした。だからどの仕事現場でも、製図をするときには紙に鉛筆で書いていたのです。ですが、この方法は色々と面倒なことがあります。間違った線を引いてしまってもすぐにやり直しをすることはできません。消しゴムで消してからでないとまた作業を続けることができないのです。これは非常に不便ですよね。紙を回転させることも困難でした。CADが出てきてからはこうした問題は解消されて、あまり気にならないものになっています。CADというのは、コンピューターにアシストしてもらって製図を進めていくこと、またはその時に使うソフトのことです。

デジタルで製図をする意味とは

レイヤー機能をフル活用できる点も、CADの魅力の一つではあります。間違った線を引いてしまっても、やり直すのはワンボタンでできます。すぐになかったことにして、正しい線を引けるようになります。過去のデータを保持させておくこともできますし、もちろん回転や縮小拡大も自由自在にすることができます。3D化させて、色々な角度から見れるようになるのも、手書きの製図にはないメリットでしょう。こうしたメリットを得るために、CADは導入されています。

水道CADとは、上下水道申請図面及び申請書類を人の手よりも効率的に設計・制作するソフトのことをいいます。