まるで公園?季節の花が咲くガーデニング霊園

今や、墓地の形態もいろいろ

時代の移り変わりや人々のライフスタイルの変化に伴い、墓地の形態も以前とは変わってきました。もはや、墓地も従来の故郷やお寺という地元に根差したものだけでなくなってきました。建物の中でコンパクトに納骨をする場所がある室内型墓地や、より身近な地域にお墓を求める人も増えています。墓地や霊園の雰囲気も以前よりオープンで、親しみやすい場所として工夫されているところも少なくありません。その一つに、ガーデニング霊園と呼ばれるものがあります。

ガーデニング霊園とは

その名の通り、お墓の周辺に季節の花が絶えることなく咲き、芝生や砂利などで明るく演出されたオープンな雰囲気の霊園です。まさに、ガーデニングというネーミングのように、きちんと花木の手入れが行き届いた公園のような感じさえあります。こうした霊園は、決して広い場所を売り物にしているわけでなく、交通の便や、その管理とスタッフによるメンテナンスのよさを大切にしています。またお墓まいりに訪れる高齢者などに配慮したバリアフリー設計も積極的に取り入れているところが多いようです。

故人を偲びつつ、お墓まいりで癒される場所

現代は生前から人生の幕引きを考える終活という言葉もあるように、家としてのお墓の概念も変わりつつあります。ガーデニング霊園のよさは、故人を偲ぶ場であると同時に、お参りに訪れる人たちにも安らぎが感じられることにあるでしょう。身近に公園のような美しい墓地があれば、季節ごとにより気楽に訪れやすくなりそうです。手入れの行き届いた緑や花に囲まれた開けた墓地として、ガーデニング霊園の需要はこれからますます増えそうですね。

昭和3年に精肉店として創業のいせやは、吉祥寺に3店舗を構える焼き鳥の名店です。焼き鳥は1本80円からで、昼間からお客さんで賑わいます。